ボーナス豊富なソフトウェアの代表格

オンラインカジノでのプレイテックとは?

オンラインカジノを行う上で、知っておきたいのが、どのソフトウェアのゲームが採用されているかということです。今トップクラスの一流ソフトウェア会社というと、マイクロゲーミング社や、プレイテック社などが挙げられます。
プレイテック社は、1999年にイギリスのマン島で初めて設立され、そして2002年頃に、普及し出しました。
その後、シェアを爆発的に伸ばしており、以前までは別のソフトウェア会社のゲームを採用していたオンラインカジノも、プレイテック社に切り替えたりとしています。

上質でクオリティの高いグラフィックやサウンド面が特徴的で、操作性も良く、クオリティが高いゲームを楽しめるのがポイントです。
また、ゲームの種類も豊富で、世界初、ライブディーラーを取り入れたことでも知られています。

優良オンラインカジノの多くが、プレイテック社のソフトウェアを採用しています。

多くの優良オンラインカジノがプレイテックに切り替え

今は、多くの日本語対応の優良オンラインカジノがプレイテックへと切り替えをしています。
インペリアルカジノなども2013年にこちらのプレイテック系のカジノへと乗り換えをしているなど、躍進ぶりが目立ちます。
また、ロンドンの株式市場でも上場するなど、カジノのソフトウェア会社としても知名度が高いです。

サポートがしっかりとしており、運営をする上でも手軽であると言うこと、そして導入をする上でのライセンス料が手頃であると理由から多くのカジノで採用が進んでいます。

プレイテックが採用されるのはなぜ?

オンラインカジノで、プレイテックがこれほどまでに採用されている理由として、その壮大なサウンドや、クオリティの高いグラフィック、そして最新タイアップゲームが続々と登場しているなど、プレイヤーにメリットが大きいからです。
実際にゲームの種類はとても多く、世界で初めてライブディーラーを取り入れたのも、プレイテック社です。

また、オンラインカジノの運営側も、運営が容易くそしてライセンス料が安いので、そういった面でメリットがあります。ユーザーも、オンラインカジノ業者側にもどちらにもメリットがあるので、多く採用されるに至っているのです。

プレイテックなら安全ではない

このように、プレイテックは信頼性があり、さらに実績も豊富なので、あらゆるオンラインカジノで採用されていますが、プレイテックのソフトウェアが使用されているからといって、その運営元が怪しくないというわけではありません。
日本語対応サイトでも、プレイテックを採用していても、信用できないようなオンラインカジノもあれば、悪質なオンラインカジノもあります。
取り入れるための基準などが設けられておらず、プレイテックのオンラインカジノを開設するのは厳しくありませんので、こういった悪質サイトには注意をしましょう。

プレイテック系オンラインカジノのその他の特徴

プレイテック系のオンラインカジノは、絶不調の波が激しいともされており、勝ち負けの波が激しいともいわれています。
多くのタイアップゲームで遊べるのですが、このように勝ち負けの波が大きい面があると噂されていますので、気を付けるようにしましょう。

また、プレイテックはボーナスが非常に充実していることでも有名で、プロモーション額が非常に多く理想的なボーナスといわれています。
非常にボーナスやプロモーションの額が大きく、さらに除外ゲームが少ないなど、メリットが豊富です。しかし、プレイテックは、その分ボーナスハンターにはとても厳しく、そのつもりがなくても、ボーナス乱用とみなされてしまうこともあります。
場合によってはプレイテック系オンラインカジノの系列で、このようなボーナス乱用が見られた場合、別のゲームでも、権限を失ってしまったり、新アカウントが作成できなくなったりする場合があります。
ボーナス乱用は非常に厳しいので、ブラックリストに認定されないように注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です